システムエンジニアの苦労は何か?

お客様にシステムエンジニアの苦労って何って聞かれました。

そもそも、苦労とはどんな意味があるのでしょうか?

 

一般的には・・・

  1. 名ノナ・ス自》

    (物事がうまくゆくように)あれこれと、体や気を使うこと。骨折り。

     「親に―(=心配)をかける」

 とありますが、苦労にも、様々な苦労が有ります。

自分の夢に向かって目的を達成させるために努力や我慢など苦しみに
打ち勝っていくような前進ありきの前抜きな苦労

また、突然の災難に巻き込まれ、災害や事故など
自分ではどうしようもない出来事に巻き込まれ、そこから負けずに立ち上がっていくのも苦労だと思います。

場合によっては、身動き1つ取れない程の辛い出来事やプレッシャで
八方塞がりの状況が続きます。

人生は楽しいことばかりなのが素晴らしいことでしょうか?

人は何かの試練を乗り越えるために生まれてきたのかもわかりません。
人生生きていれば次々と試練という課題が行くてを阻んてきます。

でも、それを乗り越えてこそ、倍の喜びを味割れるのでは
ないでしょうか!?
苦労と書くと何となく重い感じがします。
苦労とは自分の意志を貫きとおすための
エネルギーの元みたいなものなのでしょうね!?

今日は、「システムエンジニアの苦労とは」について
述べさせて頂きました。

ありがとうございました。
感謝

コメントを残す