ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の歴史とは?

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

元々はアメリカで誕生し100年以上の歴史があります。

1961年にレスター・ワンダーマンという人によって

「科学的(再現性のある)な広告原理に基づいた効率的な販売方法」として

世界で初めて提唱されました。

プレゼンの基本である、伝えることに対し

「レスポンス(反応)を獲得すること」に着目され設計されているのが特徴です。

コメントを残す