マーケティングにおける「クライアント」とは何ですか?

クラインアントとは、ユーザパソコンをさしていたり、カウンセリングを受けに来た人であったり、お客様をさしていたりと様々に便利なようにつかわれています。

しかし、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を実践する上では、お客様の分類を明確に分ける必要があります。

 

お客様のことを、よく顧客といいますが、同レベルでクライアントと言う人もいますが、ここでは下記のように区別する必要があります。

①顧客・・・商品やサービスを購入する人
②クライアント・・・ある何か(システム、組織、チームなど)に属する人

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)では、あなたと「継続的な信頼関係」を構築することが基本的なベースにあります。

したがって、継続的な信頼関係であり続けるためには、クライアントとしてみなし、そのように扱う必要があるのです。

一見さんお客様にならないようにします。

継続的な信頼関係を築くために、顧客が必要としているものを調べ把握しなければなりません。そして導線を作り導いていく。つまり、顧客にとって信頼できる相手であるために、顧客をクライアントとして扱うことにあるのです。

クライアントは、ずっと、その関係性を保ち続けることになりリピーターでありつづけることになります。

コメントを残す