Googleアップデートから学ぶ商売の大原則とは!SEOはオワコン?

最近のGoogle検索結果を注意深く見ていると、検索結果が多様化し

凄まじい速さで進化し始めていることが分かります。

今までのSEOテクニックで検索上位に頼る対応方法は、もう通用しなくなっているのは事実です。

逆説的に考えると、今まではインターネット定着のための過渡期段階であったので、SEOの考え方が通用しただけの事だったのです。

インターネット過渡期に通用したSEO

商品やサービスが中心であった!

これはインターネットを使うユーザーも過渡期段階であるため、インターネットを本やテレビのように神格化してしまっていて、簡単に信じてしまう事が原因でした。

 

そんな状態の真っ白なピュアな所で、検索一位でマーケット理論を用いると商売はイチコロでした。

 

商品やサービスを中心に5W1Hを組めばよかったのです。

 

余談ですが、私の家族もなんでもかんでもネットでググって調べ、そして出てきた怪しい検索結果を、そのまま信用してしまっていました。(私は裏側を熟知していましたので、これが元で何度も口論になり、信用度は私よりネットだったので、情けない思いを何度もしました(/ _ ; ))

勘違いをしているネットでの商売

サーチエンジン最適化やマーケット理論よりも大切なことは「お客様」です。

商品、サービス、そして、検索ワードや文字数が売上を作っていると思い込んでいませんか?

この考え方だと、物やサービス、検索結果が無くなると全てがオワコンです。

Googleが教えてくれている正しい商売

お客様が中心である事!

お客様が検索で何かのアクションした時、何を求めているのか?

それは単純に検索数だけでは計り知れないものであり、多様化したAI技術が存在します。

これからのインターネットで必要な商売の大原則とは

お客様を中心に5W1Hを組みサイト設計する事です。

そして、「誰に」を、より具体的に

「何を」の部分を多様化してイメージ設計する事です

これからは、化粧品会社が野菜を売る時代になっていくのかもしれませんね(^^)

 

 

 

 

コメントを残す