Vimeoとは

高画質でおしゃれなイメージの画共有サイト「vimeo」。2004年12月にアメリカにて生まれた「Vimeo」ですが、今回は、その「Vimeo」について実際にアップロードされている動画と、どんなサービスであるのかを簡単に紹介いたします。 また、規約からみの内容についてもご紹介しています。

Vimeoとは

e38397e383ade794a8e381aee38393e38387e382aae382abe383a1e383a9e7bea4Vimeoの動画は、Youtubeと同じように誰でも無料で自由にアップロード出来るのにも関わらず、なぜかYouTubeより高画質でおしゃれな動画が多いです。高性能カメラで撮られた動画や小・中規模のプロダクションで撮られた短編映画・プロモーションビデオ等が目立ち、映像作家、写真家、デザイナー、アニメーターなどが多数参加しています。その結果、芸術的な面が強く、クオリティの高い作品が集約しているようです。

この映像がVimeoだ!

Vimeoの映像はハイセンスのものが多く洗練されたイメージがあります。

TONGA from Thurston Photo on Vimeo.

Thurston Photo | GoPro Showreel 2 from Thurston Photo on Vimeo.

 Vimeoの代表的なサービス

1.Music Store

自分がアップロードした動画に音楽をつけることができるサービス。著作権フリーのものから有料のものまであり、様々なジャンルの音楽を利用することができます。

2.Video School

より良い動画を制作するためのサービス。映像の基礎から一眼を使った動画の撮り方まで教えてくれます。

3.「Like」 Button

Vimeoの動画には、「再生回数」「Like」「コメント」「シェア」のみが表示される。BADはありません。

4.Vimeoアプリ

動画を撮って編集してアップまでできる多機能なアプリがあります。ログインすると「My Stuff」というメニューに入り「Inbox」に、最近のオススメの映像が表示され、「Watch Later」や「My Likes」に、自分が登録したものがリストアップされます。しかしこのアプリの素晴らしさは視聴だけでなく、動画を撮影、編集してアップロードまで行えるのです。そして出来上がった動画はそのままの流れでアップロード可能です。

Vimeoの規約 https://vimeo.com/help/guidelinesより転記

他のユーザーへの思いやりを忘れずに。

インターネットは素晴らしい場所ですが、無責任に他人を侮辱したり、嫌がらせしたりする場所にもなる場合があります。我々はお願い…いや、要求します!—Vimeoを利用する限りは、出会う人や動画を尊重してください。異議を唱えたり、批判的なフィードバックなどは構いませんが、相手を敬うことも忘れないでください。

Vimeo におけるスパム行為などはお控えください。

他の人に自分の動画を見て欲しければ、コミュニティーに参加することをお勧めします。グループに参加したり、他のメンバーやチャンネルをフォローしたり、他のメンバーの動画にコメントを残したりするといいでしょう。大量のメッセージやプロモ目的のコメントは控えてください。さらに、スキや再生回数を上げるためにお金を払ったりしないでください。最後に、ロボットやロボット人間のようにVimeoに動画をアップロードしまくるのもやめましょう

健全でいましょうね!

Vimeoでは、素晴らしい動画を作るクリエイターとつながれる、最高な場所です。それらのコネクションをセクハラ的なコメントやメッセージで相手を不快にさせるようなことは控えてください。自分のユーザープロフィールにヌード、残虐な画像、スパムリンク、または他人や他の企業に扮装するような画像をアップロードするのは控えてください。

商用コンテンツやビジネスコンテンツをアップロードする場合は、事前に必ず商用コンテンツに関するガイドラインに目を通してください。お願いします!

動画に関するガイドライン

自分が制作した動画のみをアップロードしてください。

  • あなたは動画に対する必要なすべての権利 (著作権など) を保有していなければなりません。
  • 「誰かから許可をもらった」というのはあなたが作成したことにはなりません。
  • 著作権保有者から必要な許可を与えられている場合に限り、あなたは自身が出演する動画または制作に携わった動画 (ディレクター、DP、エディター、ミュージシャン、モーション グラフィックス アーティスト、役者などとして) をアップロードできます。
  • 削除対象にならないよう動画の説明文にあなたの役割を記載してください。
  • 例外!Vimeo PRO メンバーは必要な権利と許可を有している場合に限り、自分で制作していない動画をアップロードすることができます。

次に該当するコンテンツのアップロードは禁止されています。

  • 映画、音楽、テレビ番組など、第三者に著作権のある素材のリッピングは禁止です。著作権フェアユースの詳細をご確認ください。
  • 性的コンテンツまたはポルノ。(芸術を目的とした、または非性的なヌードは問題ありません。もっと読む。)
  • 憎悪表現、嫌がらせ、プライバシーの侵害、中傷や差別的発言が含まれる動画は禁止します。詳細を読む
  • 暴力行為、過激な暴力や現実の暴力、自傷行為、または動物に対する残虐な行為を表現あるいは助長する動画。詳細を読む

商用コンテンツに関するガイドライン

企業ユーザーはVimeo BasicまたはVimeo Plusを利用して動画をホスティングすることはできません。商用目的で動画をアップロードする場合は、 Vimeo PROをご利用ください。

商用コンテンツには次のものが含まれます:

  • 営利企業やブランドを宣伝または表示する動画。
  • いかなる形式であれ広告が含まれる動画。
  • 企業の利益を目的にホスティングされた動画 (Vimeoにアップロードされた後、企業のウェブサイトに埋め込まれた動画など)。
  • 販売を目的とするコンテンツ。
  • 商品のデモやチュートリアル。
  • 企業の研修用動画

上述のいずれかに該当する動画をアップロードする場合は、Vimeo PRO を利用する必要があります。

例外!独立系の制作会社、アーティスト、非営利団体の場合は、どのタイプのアカウント (Basic、Plus、PRO) を使って作品を公開しても問題ありません。

特定の種類の商用コンテンツは禁止されています。

  • アダルトな商品やサービスを売るための動画はアップロードできません。詳細を読む
  • 詐欺的または不審なビジネススキームを推進するような動画をアップロードしてはいけません。 詳細を読む
  • ウェブサイトへのトラフィックの増加を目的に Vimeo に大量の動画をアップロードすることはできません。

Vimeo 視聴者のエクスペリエンスを損なう恐れのある商用動画はプライベート設定にしておく必要があります。

  • Vimeo は素晴らしい動画を共有したり発見したりする場所です。サイト上の動画の発見に悪影響を及ぼす (過剰な数の検索結果など) 商用コンテンツは、プライベート設定にしておく必要があります。
  • 類似する宣伝用動画 (製品デモなど) を多数アップロードする場合は、これらの動画をプライベート設定にしてください。
  • 短期的な販売に特化した動画 (不動産のウォークスルーなど) もプライベート設定にしておく必要があります。

プライベートモード:PROメンバーはプライベートモードを使うことで簡単にvimeo.comの動画を非表示にすることができますプライベート動画のホスティングと共有について詳細を見る。

 

 

 

コメントを残す