Youtubeカスタムサムネイルを極めて再生回数をアップさせよう

YouTubeに動画を投稿する際にカスタムサムネイルを設定することはとても重要です。関連動画に載った時に他の動画と差別化出来るのは、このサムネイルが一番有効です。さらに動画の内容を正しく反映し、興味を引くような画像を設定することで、視聴者に見てもらう確立を上がることが可能です。今回は人気動画のサムネイルを4つに分類してご紹介します。トップYouTuberたちのカスタムサムネイルを参考に、自分の動画にも視聴者を引き付けるようなカスタムサムサムネイルを作ってみましょう。

文字を目立たせる

535449afe757a0a4ca19bd2260b5bce5サムネイルに内に大きな文字を配置し、文字を目立たせるのも効果的です。文字で動画の内容をキャッチーにアピールし、一目でインパクトを与える事で、文字を使いこと視聴者を引き付けることができます。

文字を使う場合は、関連動画で表示されるただし、小さめの文字を使用したり、無駄に多くの文字を配置してしまうと、スマートフォンなどの端末で小さく表示された場合にきちんと読んでもらえない可能性がありますので注意しましょう。

インパクトを重視する

インパクトの強い画像を使うのもカスタムサムネイルでとしては効果的です。他のカスディープ・インパクト2016 [DVD]タムサムニネイルとは明らかに異なるデザインや動画内の強烈なワンシーンを含めることで、視聴者の関心を引き付けましょう。

 

 

紹介する商品を目立たせる

ひのきのブックスタンド 和書 ころころ工房YouTubeではコンビの商品や子供向けおもちゃを紹介するような、商品紹介動画が人気ですが、それらのカスタムサムネイルでは商品を上手く目立たせたものが一般的です。

商品紹介系の動画では顔出している方も多いですが、そのような方は自分の顔も目立たせつつ、商品も目立たせるような手法を使う方が多いようです。

サムネイルをカスタムメイクすること

一般的に、きちんとしたバナーなどを外注に発注すれば、安くても5000円はします。(※クラウドワークすなどで一般募集した場合)

また、リスティング広告などでは、「ABテスト」に見られるように、様々なバナーをつくり、その中で最も効果の高いバナーを採用するという方式がメジャーになっていますが、そのようなテストを経て選ばれたバナーは、やはり効果が高く、コストに対するリターンも大きなものになります。

ただ、1パターンのバナーを作成するだけでもコストがかかりますから、バナーを何パターンもつくると、莫大なコストがかかります。

とはいえ、バナーやヘッダーのデザインは超重要です。
できることなら、積極的に「ABテスト」などを行って、デザインの質を高めていきたいところです。

だから、私は自分で作るようにしています。⇨ http://r-simon.com/banar-plus-create
プロのWebデザイナーに仕事を発注する資金力がないのであれば・・・
http://r-simon.com/banar-plus-create

コメントを残す