YouTube アドセンスとチャンネル登録の関係

YouTube独特の機能で全てのユーザーはチャンネルを持つことが可能です。 そして、チャンネル登録することで、登録チャンネルといはうタブに新着動画が 表示されるようになるのです。例えば、テレビのチャンネルであれば、テレビ欄という考えがあるのですが、Youtubeではユーザーによって動画が構成されていますので、お気に入りの考えでチャンネル登録という考えがあります。

自分の動画チャンネルを登録してもらおう!

ということは、あなたのチャンネルでもチャンネル登録してもらうことで、動 画を視聴してもらえる可能性が高まります。  さらに言うと、チャンネル登録までしているということは、あなたの動画・チ ャンネルのファンでもあるのです。
何回も動画を繰り返し視聴してくれたり、新しい動画を真っ先に確認してくれ たりするのです。

流れを意識してチャンネル登録まで誘導する

キーワード、カスタムサムネイルで動画を視聴してもらい、最終的にチャンネ ル登録してもらい、固定ファンを増やす。  ここを意識することが YouTube で再生数を伸ばす肝になります。

専門チャンネルを目指す

これからあなたは YouTube チャンネルの運営を始めますが、より専門性に特化した専門チャンネルを 目指してください。  なんでも特集するごちゃまぜチャンネルよりも
専門性を高めた、テレビで例えるならば、テレビ局ではなく CS 番組を目指すのです。

何かに特化することで、一貫性が生まれます。それを配信し続けることで濃井ファンが生まれ、チャンネルが育っていくのです。逆に言うと、あれもこれも同じチャンネルで動画投稿してしまうと、興味のない動画も新規 動画として通知されてしまいますので、濃いファンは期待外れになり、チャンネル登録を解除されてしまうのです。

YouTube は専門チャンネルであることが鉄則です。

チャンネルでは定期的な投稿が大切

視聴者は定期性を好みます。
動画の投稿を、毎日 20 時とか、毎週金曜日とかいうかたちで、定期的に行うこ とで、あなたのチャンネルの一貫性が向上しファン化しやすくなっていきます。
無理をする必要はありませんが、出来る範囲で定期的な動画のアップロードを していきましょう。

チャンネル開設初期は!
30 動画くらいを 1 週間程度でアップしてしまいま しょう。そして 70~100 動画くらいまでは投稿ペースを早めましょう。 チャンネル開設初期は動画の数が重要です。

 

 

コメントを残す