メディア広告におけるWEBの特性とは対策

広告における手段は様々なメディアがあります。
どのようなメディアにも得意・不得意があります。
このため、同じ物を宣伝する場合でも、インターネット広告、TV CM、チラシ、カタログ、など、どのメディアを使うかによって見せ方、伝え方は異なります。

インターネット広告、WEBは文字や画像に加えて動画や音声なども使うことができる万能的なメディアですが、他のメディアに比べると劣る面もたくさんあります。

この記事では、WEBならではの特徴とWEBならではの欠点をカバーするための、WEBメディアの特性について説明します。

情報を簡単に入手でき、簡単に比較できる

インターネット上では無数の良く似た情報を簡単に入手できます。同様に簡単に比較もできますので、何か少しでも不満を感じると、もっと見やすいサイトは無いか?と次々とサイトへ移動します。

同じような内容でも、わずかな魅了、違いで圧倒的な訪問者を得ることもあります。そのため、ライバルよりも魅力的なサイトにするための努力が欠かせません。

 

マスメディア広告に比べて信用されにくい

テレビや雑誌、 CMのような広告には暗黙の信用があります。しかし、WEBは誰もが発信できる自由なメディアであることから、マス広告に比べると、内容・情報に対して信頼性があまり高くありません。したがって、WEBでは読者に信用してもらうことが、他のメディアよりずっと重要です。

 

 

見やすさを直感的に判断される

WEBユーザーははじめに上から下まで流し読みして、じっくり読むか読まないかを判断します。訪問者に引き続きじっくり読み進めてもらうためには、直感的な印象を与え魅力的にする工夫が必要です。

ビジュアルをターゲット好みにする

WEBは見るメディアである以上、ビジュアル性をターゲット好みにする仕上げておくことはとても重要です。
レイアウトなどのデザインも重要ですが、ライティングの面でも、できる限りターゲットユーザーの好むような画像を多めに使って説明するなどの注意も必要です。

 

 

わかりやすくキャッチーなコピーを書く

大見出し、中見出し、要約文などのコピーはページ内で一番に目につく箇所です。内容が分かりやすくキャッチーなものにしておく必要があります。

 

 

 

どのページから読み始まられるか特定できない

インターネットでは訪問者の大半が検索ユーザーの訪問です。Googleを代表とする検索サービスはサイトのトップページだけを検索結果に出すわけではありません。

どのページからでもサイト全体を見渡せるようにナビゲーションを設置するなど、また、他のページを読んでいなくても理解できるように続き物のコンテンツにしないなど、全てのページを入り口にする工夫が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す