魅力的な導入(リード)文の作り方

リード部分というのはタイトルから本編に入るまでの導入文のことで、今読まれている記事のあたりの文章のことです。

このリード文次第でその先が読まれるか否かが決まってしまうほど重要な記事です。

 

検索ユーザーは、手っ取り早く目的の記事を見つけたいので、次々と判断していきます。Googleからリストアップされた検索リストは大量にあるため、気になるタイトルをクリックし、リード文をみて、少しでも違和感を感じると閉じてしまいます。

検索ユーザーは訪問者にとって重要な事柄だけを抜きとって、サイト無いの記事を見ていますが、答えが書いてない!?

と判断されればあっという間にページを閉じられてしまいます。

リード文でユーザーの心をがっちり掴む

メインコンテンツを読んでもらうためには、冒頭のリード文でユーザーの心をがっちり掴まなくてはいけません。

ここでは、そのために必要な大切な要素を5つご紹介します。

① 心地よい体感 や 驚き を 生 み出す

この要素を冒頭に含ませることによって次のメインコンテンツが気になり読み進めてくれます。

意外な事実を文章の冒頭で提示するなど、読み始めの文書で心をグッとつかみフッキングすれば、ずっと興味を持って読み進めてもらうことができます。

 

② 共感

会話の中で意図的に相手から YESを引き出す

営業トークのテクニックですが、人は自分が思っている事に対して貫きたいという心理を持っています。

この一貫性の原理は多くの人が持っている傾向であり、知らないうちに行動に影響を与える人間の心理を利用したテクニックがこのイエスセットです。

イエスセット(yes set)とは、小さなイエスを積み重ねることで、本命のイエスを取りやす
くなるというテクニックですが、明らかに読者が同意するであろう文言を入れることで共感と親近感が生まれます。

③ 価値を提供する。

人は価値のないものに時間を使いません。

あなたの記事を読んだら、どんないい事があるのか?それをイメージさせる事です。

記事の内容から読者にどのような体験を与え、ポジティブな変化が生まれるのかという、情報を得た先の利益や恩恵を意味します。この恩恵をビジネスではベネフィットとも言われています。

あなたの記事を読んだ後の価値になるわけです。

リード文にはこの記事を読んだらどうなるか未来の姿を文章でしっかりと提示してあげましょう。

④ 権威性を伝える

この文章のあるか無いかで、文章の説得力が大きく変わります。例え、同じ文章を書いたとしても、権威性があれば読者を説得できます。読者に対して自分がどんな実績があるのか?書ける範囲で書いてみましょう。

専門性がある人が書いた記事や、その分野に特化したウェブサイトに掲載されているコンテンツであれば、記事の質も高くなると判断します。

これはGoogleの検索品質評価ガイドラインも同様で「高品質なページやウェブサイトには、そのトピックにおいて権威があり、信頼できると認められるだけの専門性が必要である」といった主旨の内容が記述されています。

⑤ 利便性や簡便性を伝える

人は利便性や簡便性に基 づいてあらゆる意思決定をしており、WEBにおいては特にこれらの要因が読者心理に影響します。

このような要素をリード文に適度に含めていきましょう。気をつけるポイントは、長すぎてはいけないという事です。

 

 

導入文(リード文)のまとめ

導入文」とは 導入文は記事の中で「見出しや目次の前」にある文章。 読者にしてみればタイトル後の本文でまず目につく部分です。 一見、さらっと読み飛ばされそうに思えますが、実はこの部分だけで記事全体の印象が決められているといっても過言ではありません。

 

コメントを残す