興味を湧かせるタイトル作成法

ユーザーの目に留まるような魅力的な文章を書けても、タイトルがダメなら中身がどんなに良くてもクリックされずに全く読んでもらえません。WEBコンテンツにおけるタイトルは最初のステップとして最も重要なタイトルです。

ここでは、興味をかき立ててタイトルのクリック率を上げる!そんなタイトルの作成方法を解説していきます。

まずは

チラ見せタイトルです

チラ見せちょっとだけよん❤︎タイトル

タイトルの文言は基本的に簡潔でわかりやすく書きます。
訪問者がどんな内容が書かれているのか想像し見たくなるようなコピーが良いと思います。

ここで絶対にしてはならないのはタイトルで答えを明かしてしまう事です。

この時の読者の行動はサイトの中身を見ずに知りたい事を得てしまったので、中身を見ないでそのままクローズしてしまいます。

ポイントは少しだけ答えを見て、後は想像してもらう事です。

煽りで促すタイトル

タイトルで不安をあおり誘導するテクニックです。

あと、これとよく似たもにで、ネガティブキーワードを含めてタイトルを構成し、ユーザーに不安を煽る方法です。

ここで注意することは、記事の中身と整合性が取れないほどの、釣りタイトルになってしまうので注意が必要です。一時的には効果がありますが、長期的に使用するのは好ましくありません。

対義語を使うタイトル

無料/有料 高い/安い 黒/白 失敗/成功・・・

このような感じで対義語はたくさんあります。

ポイントはコンテンツを書く際に比較の対象として相反する事象についても触れることです。

ベネフィットを訴求するタイトル

読者はタイトルを見てその記事が自分にどのようなメリットがあるのかっていう利益の部分を見ています。
記事を読むことによって、その先の未来をイメージさせること それが大切です。

意外性を訴求するタイトル

自分の常識外の情報は知りたくなり、人間は経験した記憶がありますから、知らないことを知ろうとします。

だから、タイトルに意外性の要素をプラスすることで、知識欲を高められ、誘導することができます。

網羅性を訴求するタイトル

タイトルには網羅性を意識した方がより良い結果になる場合があります。

具体的に言うと how to 系のコンテンツでは特に網羅性を意識し内容も含め構築したほうがいいでしょう。

具体的にはどこのサイトよりも詳しく書いていることによって印象が伝わるような文言をタイトルに含ませます。

例えば、「徹底的**完全網羅」みたいな感じです。

このような感じで網羅性をアピールできる文言をタイトルに入れしょう。

権威性アピールするタイトル

その記事を誰が書いたのか?

これは読者にとっては非常に重要な要素です。

記事に関係する人が、その専門家であることをタイトルで伝えます。その道のプロフェッショナルが書いていることがタイトルを見ただけでも一目瞭然です。

簡単を訴求するタイトル

面倒くさいことを人は嫌います。簡単にできることが大好きです。

一石二鳥なんかは大好きですよね!

 

タイトルはこの辺にして。。。。

次回、は魅力的なリード文の作り方です。

WEBにおけるリード文はタイトルに次いで重要です。、これ、まじでポイントです。

コメントを残す