メタバースとは

2021年ごろからニュースなどで耳にした事があるのではないでしょうか?まだ明確な定義はありませんが、メタバーストは3DCGの技術でバーチャル空有間を実現した世界で、人々が様々な交流や経済活動ができる仕組みで3次元のインターネットです。

公開映画のメタバース作品

メターアースを簡単にイメージしやすいのが映画やアニメ作品です。さまざまな作品が描かれていますが、一番有名なのは2021年の新作が公開された「マトリックス」シリーズです。

スピルバーグ監督の「レディープレイヤー」や

日本のアニメ作品では「ソードアート・オンライン」が有名ですよね!この中で描かれているのが、メタバースに一番近いと思います。

SF世界が現実のものになってきた

技術的な進化によって、いままでSFの世界だったものが現実的なものになってきました。

さらにリモートワークが定着し、オンラインでも会議や、それにアバターを使用しての会話で、インターネット空間を使用しての人とのコミニュケーションも身近なものになってきました。

元祖メタバース

元祖メタバーストといえばセカンドライフですが、これが流行ったのは2007年ごろです、まだまだガラケーが一般的でスマホはもとより、パソコンのインターネットも通信速度やメモリーの問題が山積みでした。

だから、セカンドライフと言っても一部のマニアレベルでハイスペックの環境を自分で構築できるレベルの人の間で流行っていたレベルで一般ユーザーには普及せず、そんなのあるの?ってレベルです。

スマホとVRゴーグルの登場で一気に普及

ところが、今はスマホの普及によって3DCGの高画質なゲームなどは普通で、通信速度も飛躍的に向上し、VRゴーグルが登場し、誰もが自前の端末でバーチャルな世界に誰もが接続できる環境が整備されてきました。

今は情報革命の過渡期

さらに、いまはスマホからXRデバイスへ、ソーシャル中心のWEB2.0から分散型のWEB3.0へ、クラウドからAIへとさまざまな情報技術が進化して、メタバースに変化していきます。

コメントを残す